【ジーナ式】4週~6週目のネントレスケジュール、2カ月は魔の成長期?対策方法!

ジーナ式

皆さん、ジーナ式スケジュールは慣れてきましたか?今回は4~6週目のスケジュールを紹介します。この時期になると、赤ちゃんは起きている時間が少し長くなってきますが、その分機嫌が悪かったり泣いてしまってどうしようもない時もあります。

そんな時の私の対処法などもご紹介しますので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

ジーナ式って何?という方は下の記事もぜひ見てみてください。

スポンサーリンク

4週~6週目赤ちゃんのジーナ式スケジュール

7:00 起床・授乳

9:00~10:00 朝寝

10:30 授乳

12:00~14:00

14:30 授乳

16:15~17:00 夕寝

17:45 入浴

18:15 授乳

19:00 就寝

22:30 授乳

夜中は必要な分授乳

2週~4週目のスケジュールからの変更点

1日のお昼寝の時間を4時間半以内にします。

この頃から寝かしつけの時間は短くなってきていると思います。体重が順調に増えていて朝7:00の授乳のときにあまりお腹がすいていないようであれば、夜中の授乳量を減らしていきましょう。

めぐみ
めぐみ

私はこの時期に、夜中の授乳回数は1回になり、7:00に飲む量が減ったので、3時ごろ片胸からの授乳のみにしました。

赤ちゃんも1回に飲める量が増えてくると思いますので、7:00~23:00までに、1日のミルク必要摂取量をほとんど飲めるように意識してみてください。夜中に長く寝れるようになってくると思います。

機嫌が悪い・・・寝てくれない・・・どうして?

私の娘は、飲む量が増えると同時に機嫌が悪くなりました。その時私が対処した方法は2つあります。

母乳+ミルクでお腹いっぱいにしてあげる。

私はもともと母乳があまりでないようで、混合での育児です。この時期は今まで足していたミルクの量では少なかったため頻繁に泣いてしまうことがありました。

欲しくなったら母乳をあげればいいのでは?と思うかもしれませんが、もともと出る量が少ないので、1回1回微妙に足りないことが続いてしまいます。昼寝してほしい時間に寝付けなかったりしてそれはそれは可哀想なほど泣いてしまいました。

なので、授乳の時間にしっかりお腹いっぱいになってもらって、昼寝はしっかり寝てもらうと大泣きはなくなりました。ミルクは少し多めに作っておくことをお勧めします。

母乳のみの方は、昼寝の前にも授乳してスケジュールの時間通りに昼寝をさせてあげれるようにしてください。この時の注意点は、お腹がすく状態で寝かさないこと。今後楽に寝かせたいのであれば、うとうとしていても母乳をあげてから寝かせてみましょう。(昼寝前に授乳しなくても2時間ぐっすり寝る場合は必要ありません。)

抱っこひもで昼寝の時間にお出かけしてみる

何故だか赤ちゃんって抱っこひもやチャイルドシートにのせた途端すやすや寝ますよね。この方法は就寝の寝かしつけではお勧めしませんが、12:00~のお昼寝の場合は試してもいいと思います。

12:00からのお昼寝でしっかり寝てくれくれないと、夕方以降のスケジュールが崩れて大変なことになります。(経験済みです・・・)

赤ちゃんは3日で習慣づけできます。

どうしても昼寝で寝ないようであれば、3日間、お昼寝の時間に抱っこひもでお出かけしてみてください。予想外に昼寝が習慣にできるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました